夕暮れ社 弱男ユニット 劇場公演作品 僕たちは、世界を変えることはできない

三重県文化会館での滞在制作の模様をブログにてお届け!
毎日更新しております。ぜひご覧ください!
http://leapyear0104.blog.fc2.com/


三重県文化会館での滞在制作の模様をブログにてお届け!
毎日更新しております。ぜひご覧ください! http://leapyear0104.blog.fc2.com/

ストーリー
story

安永モヨコは〈戦地〉で戦争絵画を描きたいという憧れを強く持っていた。「別れたい」安っぽいラブホテルの一室で彼氏の後藤ヒロトにそう残し、この国をあとにした。一方、とり残されてしまった後藤はホテルで1人、「自分にできること」を必死に考えた末、家族や友人に別れを告げ、〈戦地〉へ赴くことにした。そして、その〈戦地〉で待ちうけていたのは、芸術家が淘汰されている独立国家だった。ーー「芸術は戦争を変えられるか」に向き合う現代劇。

キャスト / スタッフ
cast / staff

キャスト

南志穂
京都生まれ
夕暮れ社 弱男ユニット所属。
舞台美術に興味を持ち小劇場に携わるようになる。
2013年夕暮れ社入団をきっかけに俳優としても活動している。
身長148㎝から発せられるエモーショナルさを武器として展開されていく役が多い。
劇団の主な出演作品は、「プール(2014年)」「ハイアガール(2016年)」(共に京都芸術センター)「モノ(2016年)」(AI HALL)で主演を務めている。
他の活動としても、ヨーロッパ企画presents「ハイタウン」やKBS京都テレビ「暗い旅」への出演や、NHK Eテレ「趣味の園芸」への声優出演など活動の幅を広げている。

向井咲絵
大阪府生まれ
2005年より劇団「夕暮れ社 弱男ユニット」に俳優として参加。全公演に出演。
また、ウェブラジオ「むかいの堺っ子ラジオ」のパーソナリティも務めている。
外部では「非ホロノミック系 茶店のガール(YNN NMB48 CHANNEL) 」や「趣味の園芸(NHK)」などの映像スタッフと して精力的に活動している。


 ・
澤村喜一郎
ニットキャップシアター所属
高知県生まれ
2006年、京都の劇団、ニットキャップシアターに入団。以降、中核メンバーとしてほぼ全ての作品に出演する。
主な出演作に「ピラカタ・ノート」「さらば箱舟」。
劇団の活動の他には、9時間半にも及ぶアメリカ演劇屈指の大作 KUNIO09「エンジェルス・イン・アメリカ」や、sunday#5 「グルリル」などの話題作に出演。
他にも映像作品への出演や子ども向けのワークショップの講師を務めるなど多方面にて活躍中。

福井菜月
ウミ下着所属
三重県生まれ
ダンスパフォーマンスカンパニーウミ下着発足から全作品にダンサーとして参加。
過去に男肉 du Soleil、ヨーロッパ企画イエティ、壁ノ花団などに出演。
最近では、LaLaTV「キョートカクテル」、NHK「趣味の園芸グリーンスタイル~京も一日陽だまり屋」に声の出演など。

阪本麻紀※1
烏丸ストロークロック所属
和歌山県生まれ
高校より演劇活動を始める。
近畿大学文芸学部芸術学科演劇・芸能専攻を卒業後、 2003年から烏丸ストロークロックのメンバーとなり、以降、 俳優・制作を担当する。
劇団外では劇団サンプル、ヨーロッパ 企画イエティ、劇団八時半、魚灯、ニットキャップシアター、 スクエア等に出演。
近年では俳優としての活動のほか、幼児・ 小中高生を対象とした表現教育の指導にも積極的に携わっている。


 ・
市毛達也
福島県生まれ
大学入学を機に演劇を始めた。2016年に"劇団マルカイテ"を旗揚げ。
同年に学生劇団の"同志社小劇場"を引退し、現在関西の様々な公演に精力的に参加している。

木下健
短冊ストライプ所属
兵庫県生まれ
関西大学学園座で芝居を始める。
短冊ストライプでは公演の他、「サクゴエラボラトリー」や「部室さんとBOXくん」を企画。
基本は役者、ときどき演出や舞台監督もしつつ、最近では朗読も始める。
目標はザ・プラン9の公演に出演すること、咲くやこの花賞を獲ること。

重実紗果
花柄パンツ所属
東京都生まれ
京都造形芸術大学卒。10歳からストリートダンスを始め、18歳からコンテンポラリーダンスを始める。
出演作として、維新派「透視図」冨士山アネット「Attack On Dance Kobe」イエティ「杉沢村のアポカリプティックサウンド」 など。

西村貴治
京都府生まれ
97年演劇企画集団「THE ガジラ」鐘下辰男主宰塵の徒党に参加。以降舞台を中心に活動。
30代を家業に費やし気づけば40代、厄年をきっかけに役を獲りにと京都を中心に芝居をはじめる。
最近は青年役などこないことを受け入れて髪を染めることをやめました。



須藤愛未※2

※1三重・京都公演のみ  ※2三重公演のみ

スタッフ

[作・演出]村上慎太郎(夕暮れ社 弱男ユニット)
[舞台監督]浜村修司(GEKKAN staffroom)
[音響]三橋琢 [照明]筆谷亮也 [照明オペ]ぷっちヨ(@Kyoto.lighting)(京都公演)
[舞台美術]竹内良亮 [衣装]稲森明日香(夕暮れ社弱男ユニット)
[宣伝美術]孝学直 [イラスト]朝陽昇 [WEB]荒木康代 [制作]池田みのり

[主催]夕暮れ社 弱男ユニット、三重県文化会館(三重公演) [共催]京都芸術センター(京都公演)
[提携]KAAT神奈川芸術劇場(横浜公演) [後援]レディオキューブFM三重(三重公演)

平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

夕暮れ社 弱男ユニット yuguresya yowaotoko unit

2005年京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科在学中の村上慎太郎を中心に結成。
2008年、次代を担う新進舞台芸術アーティスト発掘事業「CONNECT vol.2」(主催/大阪市)にて大賞を受賞。作風として、登場人物のリアリティを追求し、俳優から湧き出すアイディアを舞台に盛り込んでいくのが特徴。劇団メンバーは舞台出演の他にもテレビ・ラジオの出演や脚本の執筆なども意欲的に行っている。京都を拠点に活動している。

村上慎太郎 murakami shintaro

1984年京都市生まれ。劇作・演出家。劇団の活動の他には、連続テレビドラマの脚本や新作狂言「からくり人形」(出演:茂山正邦(現:千五郎)、茂山茂、姜鵬ほか/2016年 京都芸術センター)の作演出などもある。

予約
book tickets

三重公演「Mゲキ→ネクスト2016」

一般前売1500円 学生前売1000円(25歳以下)(当日500円増/学生券:要学生証/全席整理番号付自由席/税込)
但し、交流プログラム参加者は前売・当日券300円引。(要参加証明書)

【チケット取扱い】
◉三重県文化会館チケットカウンター
(10:00~19:00/月曜休館、祝日の場合は翌平日)
TEL:059-233-1122
◉三重県文化会館エムズネット
https://www3.center-mie.or.jp/tickets/
◉チケット予約管理システム こりっち
https://ticket.corich.jp/apply/77313/

京都公演

一般前売3000円 学生前売2500円 (当日500円増/学生券:要学生証/全席指定席/税込)

【チケット取扱い】
◉チケット予約管理システム こりっち
https://ticket.corich.jp/apply/77312/

横浜公演

一般前売3500円 学生前売3000円 (当日500円増/学生券:要学生証/全席指定席/税込)

【チケット取扱い】
◉チケットかながわ(「指定席券」と引き換え)
www.kaat.jp/
TEL:045-633-3768
◉チケット予約管理システム こりっち
https://ticket.corich.jp/apply/77985/

会場 / 日程
venue / schedule

三重公演「Mゲキ→ネクスト2016」


2016年12月17・18日
※全2回公演 ★=アフタートークイベントの開催
※受付開始は開演の60分前、開場は30分前。
こりっちで予約する


三重県文化会館 小ホール
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
Tel:059-233-1122
●近鉄名古屋線・JR紀勢本線・伊勢鉄道「津駅」西口より徒歩約25分/三重交通バス約5分
●伊勢自動車道「津IC」より車で約10分/「芸濃IC」より車で約15分
*駐車場は混雑が予想されます。なるべく公共交通機関をご利用ください。


京都公演


2016年12月23〜25日
※全5回公演 ★=アフタートークイベントの開催
※受付開始は開演の60分前、開場は30分前。
こりっちで予約する


京都芸術センター フリースペース
〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
Tel:075-213-1000
●JR「京都駅」から地下鉄烏丸線に乗り換え「四条駅」下車、22・24番出口より徒歩5分
●阪急京都線「烏丸駅」22・24番出口より徒歩5分
●京阪本線「三条駅」から地下鉄東西線に乗り換え「烏丸御池駅」下車、4番出口より徒歩10分
●市バス「四条烏丸駅」下車。(3,5、201、207系統など)
*駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
*駐輪場をご利用の際は、事務室で駐輪タグを受け取り、自転車・バイクに取り付けてください。


横浜公演


2017年1月14日・15日
※全2回公演
※受付・引換開始は開演の60分前、開場は30分前。
こりっちで予約する
※チケット発売は2016年10月29日(土)10:00〜


KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町281
Tel:045-633-6500
●みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口より徒歩5分
●みなとみらい線「元町・中華街」駅1番出口より徒歩8分
●横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅より徒歩14分
●JR根岸線「関内」駅または「石川町」駅から徒歩14分
●市営バス「芸術劇場・NHK前」下車すぐ


過去公演ダイジェスト集
past performance digest collection/span>

2015

プール
2014年11月27日〜30日
京都芸術センター フリースペース
父と娘のすれ違いを土嚢袋400袋が飛び交う中でプールとごみ処理施設を行き来しながら描いた京都芸術センターで上演した演劇作品。南志穂の心にくる叫びとオペラとピアノの生演奏、壮大だけど、淋しさを抱え、俳優さんが、土嚢袋を投げるのがどんどん上手くなって行った公演でした。(村上)

2013

夕凪アナキズム
2013年1月25日~28日
元・立誠小学校 音楽室
沈黙劇へのアンサーとして制作された恋愛葛藤劇。夕凪の穏やかな時間に溢れる豊かでおしゃべりな心を描いた恋愛群像劇。とにかく徹頭徹尾、看護婦さんに恋したおじさんの恋愛の葛藤と夕焼けロードを歩く若者たちの恋愛を織り交ぜながら作り上げました。(村上)

突然ダークネス
2013年12月20日〜23日
元・立誠小学校 音楽室
劇場の床も壁面も天井もブラックシートで包み、俳優がどこから出てくるかわからない神出鬼没な空間から産み出したサスペンスホラー作品。重低音で劇場の窓が揺れ、ブラックシートが揺れて、物語の恐怖性を際立てくれてた。(村上)

2012

友情のようなもの
2012年3月7日~12日
元・立誠小学校 職員室
俳優が80分「転がり」ながら熱狂と若者の葛藤を演じた青春群像劇作品。このアイデアは、はやいこと再演したい作品です。(村上)

2009

『CONNECT vol.2』再演 現代アングラー2009
2009年1月30日~2月1日
精華小劇場
観客席での空想体験や自分の過去、沸き起こる初期衝動を描いた作品。自分が観客席にいるときに体感するすべてを盛り込み、演劇が終わった時、その演劇のはじまりになればと、観客席を破 壊/再生させながら描いた。(村上)

お問い合わせ
contact us

夕暮れ社 弱男ユニット制作部 yowaotoko_unit@yahoo.co.jp

^
page top へ