チケット発売カウントダウンユースト連動企画 「喜怒哀楽ウォーク」

12月7日放送のチケット発売カウントダウンユーストの中で行われた、“紅白劇合戦”に敗れた白組の2人(いせむら・御厨)は、

劇力(げきぢから)が足りないということで、大会委員長の稲森から劇修行を命じられた。 その内容とは…、

稲森「喜怒哀楽ウォークだ!」

稲森「劇は1日にしてならず。日常生活から劇のことを考える。その積み重ねが大切だ。例えば、駅から劇場へ通う道も、感情表現しながら歩くことで全く違って見えるのだ。」

稲森「修行の見届け人として、大会副委員長の南を同行させる。2人とも、しっかりはげむように。」

ということで、劇力を上げるべく、いせむらは京阪・祇園四条駅から「怒」の感情で、

御厨は 阪急・河原町駅から 「哀」の感情で劇場へ 通うことになった。

京阪・祇園四条駅、南改札口。 いせ「自動改札、便利すぎるだろうがコラー!!」

阪急・河原町駅、東改札口。 御厨「あーん!入口専用の改札機があるなんて親切すぎるぅ~。」

京阪・祇園四条駅、4番出口。 いせ「案内表示が丁寧すぎんだろうがコノヤロー!!」

阪急・河原町駅、1A出口。 御厨「あーん!文字の色がすごく見やすいぃ~。」

出口の階段を上がると、 目の前は鴨川。 いせ「鴨川は冬が1番良いぜ コンチクショウ!!」

出口の階段を上がると、目の前は木屋町通り。 御厨「あーん!高瀬川の風流な音が聞こえるぅ~。」

鴨川に架かる橋(四条大橋)を渡り、マツモトキヨシの角 (木屋町通り)で右に曲がる。 いせ「カタカナで読みやすいだろうがコラァ!!」

御厨「あーん!そこに居るのはぁ~。」

いせ「みっくんじゃねえかコノヤロー!!」

ここで2つのルートが合流。 御厨「あーん!今まで1人で寂しかったぁ~。」 いせ「カワイイとこあるじゃねえか、この腐れトンチキ!!」

高瀬川沿いを北へ進む。 御厨「あーん!橋にベンチがあるぅ~。」 いせ「風流地獄に閉じ込めるつもりかコノヤロー!!」

引き続き、高瀬川沿いを北へ。 いせ「おい高瀬川!俺と勝負しろ!!」 御厨「あーん!止めようとして掴んだ 太ももがあったかいぃ~。」

高瀬川沿いを歩いていると、立誠小学校のグラウンドが見えてくる。 御厨「あーん!もう歩けないぃ~。」 いせ「劇場はもうすぐだろうがコラァ!!」

さきほどのグラウンドを越えると…、 いせ「劇場に1番乗りしてやるぜコノヤロー!!」 御厨「あーん!いせむー待ってぇ~。」

これが会場の立誠小学校だ!これが会場の立誠小学校だ!

喜怒哀楽ウォーク、ゴール!! いせ「2人一緒にゴールだバカヤロー!!」 御厨「あーん!シンプルに重いぃ~。」

南「このコンテンツは劇場までの道案内も兼ねています。皆さんは是非、“喜”や“楽”の感情で劇場まで来てくださいね。劇修行を終えた2人のパフォーマンスも、お楽しみに!」


2012-2013 © yuuguresya yowaotokoyunitto